ホーム >  ニュース >  3館共通ニュース >  子育ちシンポジウム
子育ちシンポジウム 高ヒット
2011-4-20 15:39 投稿者: kisha_com (記事一覧) [ 4536hit ]

【 第3回 子育ちシンポジウム 

『地域と子どものつながりを考えよう

〜つながりって何だろう?〜

  今回シンポジウムを開催いたします。地域と子どものつながり、そもそもつながりとは?
そこから私たちと一緒に考えてみませんか?
是非とも、子育て支援に関わる人、関心のある人の多数参加を!!

日 時 : 5月29日(日) 午後1:00〜午後4:30 (受付12:30〜)

場 所 : 商工会館 (東京都福生市本町18)

定 員 : 150名

参加費 : 無料

基調講演 : 『 今、子どもに関わる大人の役割とは? 』

講 師 : 森本 扶 氏 (もりもと たすく)
1976年生まれ。
                  埼玉大学・都留文科大学・法政大学・国士舘大学非常勤講師・子ども白書編集委員。
                  子ども地域での育ちを支えるシステムづくりの研究を、社会教育を軸に学際的な観点から行っている。
                  主書に「居場所づくりと社会つながり」(2004年萌文社)

パネルディスカッション : 
子どもを関わっている方々が、日頃の活動についてお話して下さいます。
        参加者の方からのご意見や、ご質問にもお答えいただきます。

パネリスト : 
         ■    山田 恭平 氏 (やまだ きょうへい) (あそび環境クリエーター)
                  日本体育大学卒業後、今までに「特別支援学校での自立支援講師」「沖縄県首里の学童クラブ」などで働いた経験あり。
学んだことを糧に「大田区子ども交流センター中高生事業」「がんばれ!民間の児童館・地域子ども施設交流の集い」
「沖縄プレイパークの会」などの活動を通して、地域を巻き込んだ実践を行っている。
         ■    須賀 貴子 氏 (すが たかこ) (東京農工大学大学院博士課程在籍) 
                   幼いころから福祉に関心を持ち、修士課程在籍中にワーカーズコープと出会い
2008年から福生と東久留米で共同研究を行っている。
         ■    幡野 雄大 氏 (はたの かつひろ) (NPO法人 ワーカーズコープ 武蔵野台児童館 館長)
                  昨年4月より児童館館長に就任。持ち前の明るさと行動力で、地域の方々と共に
盛り上げていく児童館づくりに取り組んでいる。

 申込み: 5月1日(日)から各児童館で受付けます (保育あり、要申込み)

子育ちシンポジウム
子育ちシンポジウム
子育ちシンポジウム
子育ちシンポジウム
カテゴリ内ページ移動 ( 101  件):     1 ..  93  94  95  96  97  98  99  .. 101    
GNavi   (based on MyAlbum-P)